Seasonal Flower Arrangement Lesson

今月のレッスンは、春のお花いっぱいのアレンジメント。ブリキの器に、チューリップ、ラナンキュラス、水仙、パンジー、スカビオサ、ミモザ、コデマリ、とお花畑のようにアレンジしていただきました。色々な色が入っていますが、フレッシュのお花達は、それぞれうまく引き立てあって、上手にまとまってくれます。春のお花は茎が柔らかく、オアシスに挿すのに苦労しますが、皆さまそれぞれとても可愛い春のアレンジメントをお作りになりました。カラフルなアレンジメントが、お部屋に一足早い春を運んでくれます。

3月8日は、Festa della Donna、イタリアではミモザの日、国際女性デーでもあります。男性から女性に、愛と感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈る素敵な日です。春の訪れを告げ、イタリアの街がミモザのイエローで溢れます。日本でも最近知られるようになって来たようです。

今月のティータイムのお菓子は『リッチチョコレートケーキ』。濃厚なチョコレートケーキに生クリームをたっぷり添えて。。オリジナルのレシピより甘さを少し控えめにしました。喜んでいただけてよかったです。

ご参加ありがとうございました。

 

カテゴリー: Fresh Flower Arrangement, Lesson | コメントをどうぞ

Preserved Flower Wreath

ご結婚記念日に、プリザーブドフラワーのリースのご注文をいただきました。ご結婚40年は、ルビー婚。ルビー色のピンクを入れておつくりいたしました。いつまでも仲良くお幸せにと、ハートのモチーフも入れさせていただきました。大先輩のご夫妻です。

リースは、クリスマスのイメージがありますが、ヨーロッパなどでは、終わりのない永遠の愛を意味する、シンボルとされています。ご結婚記念日にぴったりのプレゼントですね。

このご注文はご主人様から。大切な記念日にこのような気の利いたギフトをいただける奥様はお幸せですね。

ぜひ、皆様も『永遠の愛を表すリース』を大切な方へのギフトにいかがでしょうか?

Size:     25x25cm
Price:    9,000yen  ~

ご予算に合わせて、お好きなカラー、サイズでご注文いただけます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

info@jasmine-style.com
080-1150-9196

 

カテゴリー: Preserved Flower Arrangement | コメントをどうぞ

Preserved Flower Arrangement Lesson

プライベートレッスン。
ティファニー好きのお友達に差し上げるとのことで、ティファニーのボウルをお持ちになりました。お花は、器に合わせて、ブルー、グリーン、ホワイトで、爽やかな色合いに。フリーレッスンは、器をお持ちいただいても構いませんので、このようにオリジナルの作品をお作りになれます。

今日の生徒様、先月ご結婚式を挙げられたばかりなので、ブーケのお話など伺えて楽しいレッスンでした。

フリースタイルレッスンは、随時お受けいただけます。レッスン代は、2500円(2つ目からは+500円)+ 花材費です。在庫のものを使うので、リーズナブルな料金で、お好きなアレンジをお作りになれます。ご希望の花材がございましたら、ご用意しておくことも可能です。

お問い合わせは、Contactのページから、または、メール、お電話でお願いいたします。お気軽にお問い合わせくださいませ。

カテゴリー: Lesson, Preserved Flower Arrangement | コメントをどうぞ

Seasonal Flower Arrangement Lesson

今年初めてのレッスンは、ホワイトとグリーンのブーケ。

ハンドタイドブーケ、生徒様が一番お苦手なものです。頭ではわかっていらしても、実際にバランスよくスパイラルに組んでいくのは難しいようです。難しくて苦労されるのですが、終わった後は、またやりたいというリクエストが多いです。慣れるまで時間がかかるテクニック、実は私も苦手でした。手の小さい女性には少し難しいということもあります。皆様苦労されていらっしゃいましたが、それぞれ素敵なブーケが出来上がりました。

ティータイムには、フランスの新年のお菓子、ガレット・デ・ロワを焼きました。1日目は昨年と同じ方がフェーブを当てられ、2日目は、初めての方に。。クラウンを被っていただき、盛り上がりました。毎年1月のお菓子は、ガレット・デ・ロワなのですが、今年はリンゴを入れたものを作ってみました。喜んでいただけてよかったです。

ご参加ありがとうございました。

 

カテゴリー: Fresh Flower Arrangement, Lesson | コメントをどうぞ